チャンピックスで失敗しない為に大切なこと

チャンピックスを使って禁煙治療を行うときには、自己判断で服用をやめないことが重要です。
患者さんのなかには、たまに「吸いたい気持ちがなくなったから服用は終わり」と勝手に自己判断してしまう人がいますが、これはNGです。
うつ病など脳に作用する薬は、急にやめると激しい副作用があらわれる恐れがあります。
チャンピックスも脳のニコチン受容体に作用する薬なので、うつ病の治療薬のように急に服用をやめると危険な副作用が起こる恐れがあります。
チャンピックスを飲んでいるときには、自己判断で服用を中断するのは危険です。吸いたい欲求がなくなっても、必ず決められた期間飲んで、医師の指示を守るようにしましょう。
もしチャンピックスを使っても治療に失敗してしまっても、初診から1年の期間が経過していれば、再び保険診療を受けることができます。
それが待てない場合には、自分でネット通販で薬を入手する方法もあります。
ネットで薬を買う安全性については、否定的な意見が多いです。偽物や粗悪品が出回っていることもあり、危険な成分が混入していることもあるからです。
しかし、入手ルートを明らかにしている老舗的な業者ならば、そういう危険はほとんど心配ありません。
ネット通販で買うときには、海外から個人使用の目的で買うという名目で、個人輸入という方法で購入します。このとき、自分で手続きをするのは難しいので、個人輸入代行業者という代行業者に頼むのが一般的です。
この代行業者の良し悪しによって薬の安全度が変わってくるので、業者選びは怠らないようにしましょう。
保険診療を受けられるようになったら、なるべく外来に行ったほうが良いです。ネット通販はあくまでも全額自己負担でしか診察を受けられない時期の緊急手段にしましょう。