チャンピックス使用でタバコがまずくなる?!

チャンピックスを飲むとタバコがまずく感じるようになるというよりも、タバコを吸っても以前ほどの快感がなくなります。
それほどタバコを美味しいと感じていない人がチャンピックスを飲むと、快感よりもタバコの煙の不快感が勝って、まずく感じるのです。
チャンピックスの有効成分はバレニクリンといって、パーシャルアゴニスト(部分作動薬)という薬に分類されています。パーシャルアゴニストは、受容体を中途半端に活性化させるという特徴があります。
普通の薬は受容体を100%活性化させるか、100%阻害させるか、のどちらかの効果です。
バレニクリンのようなパーシャルアゴニストを使うメリットは、離脱症状を回避させられるところです。
完全に受容体の活性化を抑えてしまうと、ドーパミンが放出されなくなって離脱症状があらわれてしまうことがあります。
ニコチン依存症に陥っている人にとって、ニコチンが切れるということはドーパミンが切れると同じことです。すると体がタバコを吸ったときの快感を得るために、タバコへの切望感などの離脱症状が出てしまいます。
チャンピックスは部分的にニコチン受容体を活性化させることで、わざと少しだけドパミンを放出させるようにしています。
このおかげで、ドーパミンが緩やかに効いて満足感を与えるので、離脱症状が起こりにくくなります。
また、バレニクリンがすでにニコチン受容体に結合していると、タバコを吸ってもニコチンが結合できなくなります。これが、冒頭で言ったタバコを吸っても美味しく感じなくなる理由です。
まずいというよりも、今までニコチンが受容体に結びついて大量のドーパミンを放出していた状態が起こらなくなるので、吸っても快感を感じなくなります。