COPDのリスクや不妊にチャンピックスでの禁煙治療

喫煙による身体への影響はだんだんと知られるようになってきました。研究が次々に進められてきていることで今まで知られていなかった身体への影響も続々と解明されてきています。多くの疾患のリスクを高めるということはよく知られており、COPDのように肺に関わる疾患には特に影響が大きいとされています。COPD患者の大半が喫煙者であるということも知られており、COPDを患ってしまうリスクを低減させるためには禁煙が第一であるとされています。PM2.5などの大気汚染による影響も受けるため、タバコだけがそのリスクではないものの、肺の健康状態を維持するには禁煙をするに越したことはないというのが現代医学の見解です。一方、喫煙は不妊にも影響するとされており、マカを使用して補おうとする人もしばしば見られます。煙草によって減少してしまった精子数をマカで増やそうという試みが散見され、男性の不妊症を解消しようという動きがあります。しかし、毎日マカを服用しても不妊が治らない人も多く、禁煙によって解決しようと考えることも珍しくありません。禁煙は難しいと考えられがちですが、チャンピックスの登場によって可能性が高まってきました。チャンピックスによる禁煙治療は保険適用がなされる信頼性の高いものであり、8週間から12週間のスケジュールで禁煙を達成することができます。タバコが好きでやめられないという人も、チャンピックスを服用するとタバコがおいしく感じられなくなるため、禁煙に向かって進んでいきやすくなります。禁煙に対する強い意識は必要となるものの、禁煙を達成するための強力な助けになるものとして多くの人が試みるようになってきています。